海外留学の滞在方法と言えばホームステイとシェアハウスが有名ですよね。ニュージーランドでも、このスタイルは王道で、留学生の多くが利用しています。ニュージーランドでは、シェアハウスはフラットハウス(フラットシェア)と呼ぶのが主流となっており、一つの家を複数の人と借りて生活することが当たり前のような文化が根付いています。今回は、そんなフラット生活に関するノウハウをお伝えしてみたいと思います!

まずは情報収集をしよう!

語学学校内の掲示板の張り紙や、街の中にある無料の留学エージェント、あるいはニュージーランドのフラット情報を載せているネットでも情報を収集するとができます。場所、家賃、フラットメイトの情報はもちろん、どんな国籍の人たちが集まっているのか、女性オンリーなのか、ペットがいるのか…などなど、色んな情報が乗っています。一人で見つけることはもちろん、語学学校で仲良くなった友達と一緒にFlat Huntingに出かけるのも楽しいですよね。自分の目的に沿って選ぶことが大切ですが、やっぱり都心に近いフラットは家賃が高いので、多くの留学生はバス通学で困らないくらいの距離を選んで滞在をすることが多いようです。

ホームステイ滞在中に動くことが大切!

フラット探しは意外と時間がかかることを覚えておきましょう!情報収集をしてから、実際にフラットを見に行く事を考えると、不動産会社に問い合わせて予定を決めたり、移動したりと結構手間もかかります。ホームステイを始めたタイミングで、少し生活に余裕が出てきたら、まずはフラット生活がどんなものなのかを実際にイメージできるようにするためにも、すぐに動きだしておくことが大切です。

シェアメイトは慎重に選ぼう!

フラット生活は共同生活。どんな人と一緒に暮らすのかで、大分日々の生活に影響が出ます。フラットによっては、メンバーがそもそも仲良しで毎週のように週末は家で飲んだりパーティをするところもあれば、食事を作ることを当番制にしている、なんていうきっちりしたところもあったり。もちろん、日本人だけのフラットなんていうのもあります。異文化環境での生活は価値観やルールのぶつかり合いは日常茶飯事なので、日本人と暮らした方が物凄く楽ではあるのですが、100%英語は伸びませんのでご注意を!

 

いかがでしたでしょうか。留学生にとって、できるだけ滞在費は安く抑えたいもの。ホームステイよりも安く生活のできるフラットシェアはとても大切な手段と言えるでしょう。ぜひ現地に行ったら様々な情報を集めて、自分にぴったりの素敵なお家と仲間を見つけてみて下さいね!

  • Posted on 30. 1月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です