ニュージーランドで語学留学を考える際に、多くの留学生は北島のオークランド、または南島のクライストチャーチを拠点とすることが多いとされています。今回は、そんなメジャーどころから少し離れた語学学校をご紹介!英語学習に特に力を入れて集中的に学びたい人向け、かつ一般的な私立の語学学校ではなく、設備の整った大学付属の学校で今注目したい南島のダニーデンをピックアップしてご紹介したいと思います。

 

ダニーデンは、学生の街として有名

ダニーデンは南島のほぼ最南端に位置する小さな町で、人口は約12万人ほど。145年以上の歴史を誇る国内最古の国立大学「オタゴ大学」があることでも有名です。ほぼ街の中は学生しか住んでいないと言っても過言ではない程、「学生の街」として親しまれており、観光ガイドブックにも載っている、トレードマークの時計塔は有名なスポットともなっています。こんなことからも、観光客で賑わうメジャースポットや都会的な騒がしさもないことから、勉強にはもってこいの環境が揃っている静かで穏やかな場所です。

日本人を含め、アジア人率がとても少ない!

オークランドやクライストチャーチは、誰もが訪れる観光スポットということもあり、街中は現地人率よりもはるかにアジア人を中心とした人ばかりが見受けられます。もちろん日本人も多いのが特徴。これはニュージーランドに限らず、どの国に行っても同じようなことは起きるのですが、英語習得に力を注ぎたい人にとって、出来る限り日本人のいない環境を望みたいところ。ダニーデンは語学学校の数さえ少ないものの、大学に留学をするためにやってくる各国の留学生が多いため、アメリカ人、イギリス人等、欧米諸国からの人々が滞在しているというのも特徴です。

大学付属の語学学校のメリット

主に、オタゴ大学への進学を目指している人たちが集まることもあって、大学付属型の語学学校が備えられています。ここが今回のお勧めポイント。英語力が大学入学の基準に満たない人は、まず語学学校に通うこととなるのですが、もともと大学進学という目的を持って入学している人たちなので、一般的な私立の語学学校に比べて、留学生の意識が高いんですね。さらにはレベルの高い先生やコースも多く、コースによってはレポート・エッセイの書き方や、プレゼンの仕方、授業中のノートの取り方等を教えるような内容もあり、私立の語学学校とは一味違った学習も期待できます。

いかがでしたでしょうか。ちょっとした隠れ穴場スポットとなっている学生の街ダニーデン。バスや電車を使わなくても、徒歩で街の中心まで通えてしまう環境や、学校の近くにシェアハウスを借りることができる物件が多いのも特徴です。通常、街中にシェアハウスを借りることは物価が高くて叶わない事が多いのですが、学生の街ならではのメリットを使って、安く滞在することもできます。ニュージーランドの隠れ穴場スポット、ぜひ語学に力を入れたい人は参考にしてみてください!

  • Posted on 23. 1月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です