語学学校のランチタイムって、どんな感じか想像したことはありますか?学校の友達と交流を深めるチャンスでもあり、なおかつ多国籍な環境で色んな国の人たちの食生活を垣間見ることもできます。今回は、そんな語学学校のランチタイムについてご紹介!実際にどんな風に食事を取っているのか、そのパターンを3つに分けてお伝えします!

構内のカフェテリアを利用する

ランチタイムは語学学校のカフェテリアを利用するパターンが一番主流です。外で買ってきたテイクアウトのランチを持ち込んで、みんなで机を並べてワイワイ食べるようなイメージ。コーヒーや紅茶が用意されている学校も多いです。また、大学付属の語学学校等はしっかり食堂を設けているところもあるので、ビュッフェスタイルでご飯を食べることもできたりします。ここでも、同じ国籍で固まっている人たちもいれば、マルチ国籍で固まっている人たちもいる印象です。どちらかというと、日本人を含めたアジア系の人たちは、同じ国籍の仲間で集まる傾向が高いかもしれません。

街中のカフェや売店を利用する

外に出てランチを楽しむ人も多くいます。基本的に語学学校は都心に位置していることがほとんどなので、カフェやレストランも沢山あることが通常です。特にランチタイム時は手軽に持ち運べるようなサンドイッチ類を買って、学校に戻り食べる人もいますが、毎日違った国の料理を食べることだってできます!語学学校の友達と一緒に、「今日は何を食べようか~?」と話すのも楽しみですよね。ただ、毎日外食だと結構お金もかかるので、そのあたりも計画しながら適度に楽しむのが良いかもしれません。

自分でランチを作って持って行く

お金を節約したい人は、ホームステイ先またはシェアハウスでランチを作って持って行くのが吉。日本のようにしっかりしたお弁当を作る必要はありません。あくまでも海外のランチスタイルは、「サンドイッチ+りんご1個+スナック菓子」というような、超シンプルなものが主流。スクールキッズたちのご飯もこんな感じです。(日本のお母さんの素晴らしさを改めて感じます…)

いかがでしたでしょうか。語学学校のランチタイム、少しイメージが持てたでしょうか。国籍によっても持ってくる食事が変わりますが、特に凄いのが韓国人。真っ赤なキムチに浸されたポークソテーなど、臭いが物凄いものをタッパに入れて持ってきたりします(笑)あっという間に部屋中がキムチ臭で充満!なんてことも。ただ、彼らは食事中水を飲まないことがほとんど!(辛さは日本のキムチの数倍ですが…)学校のランチライムは、色んな発見のある場所ですので、お楽しみに!

 

  • Posted on 17. 1月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です