海外留学で一番最初の生活スタイルといえば王道のホームステイですよね。皆さんはホームステイと言う響きにどんなイメージを持っていますか?今ではテレビやネットでも取り上げられることもあり、既に「こんな感じかな~」というイメージを持っている方もいると思いますが、これが””ニュージーランドだったら”どうなるのか、想像したことはありますか?家族は皆様々ですが、今回はこのユニークな国ならではの「ホームステイの食生活」に焦点をあててご紹介してみたいと思います!

一家に1つ?ニュージーランド人のソウルフード「ベジマイト」

見た目は濃い茶色でペースト状になっており、ジャムのような可愛らしいビンに入っている食べ物。現地の人は普通にパンに付けて食べているので美味しそうに見えるものの、じつはとても塩辛くて独特の香り・コクを持った珍味です!留学生で好きになったという人の話は聞いたことがない…かも?主にオーストラリアとニュージーランドでポピュラーな食べ物ですが、現地人100人中100人が大好き!と答えるものでもないようで、日本で言ういわゆる納豆に値する感覚かもしれません。朝食に登場したら、ぜひ挑戦してみて下さい!(笑)

料理はワンプレートが基本。主食はイモ!?

ニュージーランドの家庭では、日本のように、ご飯とみそ汁とおかず…というような盛りつけの仕方は基本しません。一人ワンプレートが主流。お肉、野菜が乗って、さらにお芋がドーン!と乗っていることが多いです。日本人が米を主食とするのに対して、ニュージーランドの場合は芋がそれにあたるようで、サツマイモのようなものや、マッシュポテトが添えてあります。

当たるジンクス!””マジック8″”にご用心!

ニュージーランドでは、マジック8と呼ばれるジンクスがあります。これはニュージーランドに来ると「8キロは太って帰る」という言い伝えのようなもの。特に女性は要注意。ニュージーランドのお菓子類(特にチョコレート)はとても甘く、日本人の感覚とはかなり違ったレベルのものばかり!ケーキ等も、作り方が全然違うので、砂糖を食べていると言っても過言ではないモノも…。ただ、これに慣れてハマってしまうと、あっという間に太ります!特にホームステイ先の冷凍庫にはニュージーランドで有名な「ホーキーポーキー」というアイスが入っている確率がかなり高く、食後のデザートにどーん!と出てきたりします。これもまた甘い…(けど美味しい…)。甘いもの好き、お菓子好きの女性は要注意です!

いかがでしたでしょうか。ニュージーランドのホームステイで誰もが必ず通るであろう特徴をご紹介してみました。日本では食べたことの無かった野菜や、体験したことのない味付けなど、色んなカルチャーギャップに驚くことも多いのが海外生活。ただし、食べられないものを無理して食べる必要はありません。ちゃんと「YES/NO」の意思表示を伝えることが大切です。ニュージーランドならではのホームステイ体験、ぜひ楽しんでみて下さいね!

  • Posted on 4. 1月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です