皆さんは、留学生活の時にお金の管理をどうするか考えたことはありますか?中には日本で現地の銀行口座を開いて前もって送金をする人もいれば、現地到着後に開設して送金してもらう人もいるかもしれませんね。さて、ニュージーランドの生活をしていると、あまり日常で現金を使わない事に気付かされます。それもそのはず、多くの人があまり現金を持ち歩いていないんです。今日はそんな現地生活のリアルな「お金事情」にスポットをあててご紹介してみたいと思います。

現金を持ち歩くのはほどほどに?

ニュージーランドではキャッシュレス文化が進んでおり、多くの人がデビットカードで支払いを行います。支払い方は日本と変わらず、専用の機械にカードを差し込んで、暗証番号を押すだけ。いたって簡単です。あまり現金自体を沢山持ち歩かない人が多いのも事実ですが、クレジットカードよりデビットカードでの支払いの方が進んでいるというのも不思議なこと(?)かもしれませんね。

EFTOPOS(エフトポス)という機能

EFTOPOSとは、Electronic Funds Transfer Point of Saleの略で、支払時に使っているデビットシステムです。日本ではカード払いをする時といえばクレジットカード、そして数千円程度の買い物では通常使わない事の方がほとんどですが、ニュージーランドでは、数ドル~数十ドルでも普通にEFTOPOSで支払う事が普通です。クレジットカードの場合、支払い請求まで使った金額は溜まりますが、デビットなのでその場で現金が自分の銀行口座から引き落とされます。また、場所によっては現金を引き出すことも可能なので、買い物ついでに「キャッシュアウトで20ドルお願いします」と、レジのお姉さんに伝えることもあります。ATMにわざわざ行って引き出す必要がないので、これはこれで便利な機能と言えそうですね。

慣れると使いすぎるので注意

この文化に慣れると、なかなか現金を持たなくなることもあってか、まめに銀行のATMに行って残高確認をしておかないと実は使い過ぎていた!なんてこともあります。手元に引き出した現金があれば、どのくらい減っている(使っている)かが実感できますが、これがカードだとなかなか難しい…。ということで、お金の管理はしっかり!ということを肝に銘じておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。誰もが留学する時は現地で銀行口座を作ると思いますが、ATMでお金を引き出すだけでなく、そのカードを使って買い物をする機会が沢山出てきます。ちょっとした文化の違いですが、覚えておくと便利!留学生活時には使いすぎに気をつけながら、大いに活用しましょう。

  • Posted on 20. 12月 2017
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です